omuriceman's blog

iOS / AWS / Firebase / Deep Learning を中心とした技術を発信します

安西剛さんの1on1コーチング無料体験をうけて良い気づきを得られた話

先日、Twitterで安西さんという方がコーチング体験を募集しているツイートを見かけました。

正直なところをお伝えするとそれまで安西さんを存じ上げておりませんでした。DevLOVE Xなどでも発表をされている方ということは後から知りました。

面識のない方にコーチングを頼むのは不安では無いか? という風に思う人もいるかもしれませんが、自分がTwitter上でフォローしている方々もコーチングを受けていたので信頼できそう!と思ったのと、私自身先日まで面識のなかった方にブログメンタリングを受けてきていろんな経験を得られたので、今回も思い切って申し込んでみることにしました。

今回はコーチング体験の流れや感想などをブログに書いていきたいと思います。

当日までの流れ

申し込んでから当日のコーチングに入るまで日程が会わず2週間くらい先の日程になりました。

ありがたかったのはコーチングをやるためにオフィスまで来ていただけたことです。カフェなどでやることもあるそうですが、話す内容を振り返るとコーチング体験はオフィスでできてよかったです。

お会いしてからコーチング体験が始まるまで

はじめに少し驚いたのが部屋に入るなり安西さんは対面に座るのではなく私の隣に座りました。喋りやすい雰囲気を出すために工夫をされていると思います。ファシリテートがうまかったのもあると思いますが、より心を開いて話せたと思います。

安西さんの印象についてですが、お会いする前までは「コーチング」という言葉からすごい熱く話すイメージなのかなと思っていたのですが、良い意味で「軽い」印象を持ちました。

お互いに自己紹介を行ってから自分の話したい内容について進んでいきます。

自分の悩みについて解き明かしていく

詳細は割愛しますが、2つの悩みについて話をしようと思い事前のアンケートになどにも記載していました。当日は時間の都合や悩みの深刻度から1つ絞り深掘りをしていくことになりました。

安西さんから様々な問いかけを受けます。「悩みの深刻度はどちらが上か」「こういう捉え方だったらどう思うか」などなど。 その間自分なりに思考の整理をするわけですが、安西さんはひたすら私の回答を待っていました。 こちらについては、他にも安西さんのコーチングを受けられている方のブログでも記載されているのでそういう方針だと思います。

ky-yk-d.hatenablog.com

待つということは本当に難しいことです。私が逆の立場の場合、人と会話するときどうしても待てずに意見を言ってしまいます。

私が同じ立場になった時、意識して10分以上話を聞くという姿勢を大事にしたいと思います。

今後のアクションを具体的に決める

悩みを明確にしてからは今後の行動についていくつかの方向性から1つを絞ることに。

さらに今までやったことのない具体的なアクションを決めることになりました。 具体的なアクションについては、やってないことって何だろう?と思って悩んでいましたがアドバイスを受けて道が開けました。

またアクションについては行動を起こしやすいものになるようアドバイスをもらいました。

気づきや感想

  • 悩みの原因がはっきりして腑に落ちた
  • 意見を押し付けられることはなく自分主導で1on1が進んだ
  • 安西さんは常に傾聴に徹していて良いタイミングでアドバイスをする
  • 安西さんのスタンスの軽さが自分の悩みを軽くさせてくれた
  • 今まで自分が進んできた道に自信がもてた

安西さんの1on1の資料をこちらに掲載します。 私が体験した1on1も思い返すとどれも資料に記載のある原則にしたがって行われておりました。

まとめ

  • 安西剛さんのコーチング体験を受けた
  • コーチングの結果悩みや次のアクションが明らかになった
  • アドバイスを受けてもっと自分の視野を広げていこうと思う
  • まだ募集中のようなので悩んでいる方は相談してみるといい

www.tsuyok.work

また安西さんはconnpassでコーチング体験の勉強会なども行われているようです。 もう定員がいっぱいですが、キャンセル待ちもでるかもしれませんのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

coaching.connpass.com